2人の男性医師

ナースシューズは看護師さんに必須のアイテム

脚がしんどいのは死活問題

笑顔のナース

最近はシューズ派が主流に

看護師さんが勤務中に愛用するナースシューズやナースサンダルですが、昨今はナースシューズの方が圧倒的に人気です。ナースサンダルは、つま先が見えているため、誤って注射器やメスを落とすと、怪我をするリスクが高いのです。また、厚底タイプのナースシューズも注目されています。看護師さんは、長時間の立ち仕事が多いため、靴底の薄いナースシューズの場合、足の裏から疲労感が溜まりやすいのだそうです。そのため、病院から支給されるナースシューズは履かず、自腹で厚底タイプを買い求めて仕事をする看護師さんも珍しくないのです。キャビンアテンダントの皆さんもそうですが、看護師さんも脚を酷使する肉体労働に従事しているので、ナースシューズを1足常備している方が多くいるのです。

シューズの選びにもコツが

ナースシューズが足に合っていないと、肉体的に負担が大きくなるばかりか、緊急対応時の機敏な動作にも支障が出ます。選び方のコツとしては、普段履いている靴よりも、1サイズ小さいものを選ぶことです。看護師さんは膝をついてしゃがんだり、頻繁に歩き回らねばならないため、ナースシューズは長さや幅が大きめに設計されているためです。普段使用の靴と同じサイズを選ぶと、フィット感が悪く、却って疲れやすいものになってしまいがちです。言わずもがな、必ず試履をして、実際に歩いてみたり、しゃがんでみたりして、フィット感を自ら確認してください。また、靴底がゴム素材で滑りにくいものが良いでしょう。職場の病院の床はツルツルしていることが多く、小走りで移動しなければならないことも日常茶飯事であるためです。